インビザラインとは

ジャンプ

「マウスピース型矯正治療」

ヤシ

「目立たず、透明に近い」

ケース

「ワイヤーや金属を一切使わず、アレルギー等には無縁」

食卓

「取り外しが可能、ご飯をおいしくいただけます」

インビザラインとは、コンピュータを用いて作製された透明なマウスピースを段階的(約1週間前後ごと)につけ替えることで 歯を動かす歯科矯正システムです。

マウスピースは患者ひとりひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。

透明な装置ですので、装着してもほとんど目立ちません。また、必要に応じて取りはずすことができます。

1999年、米国アライン・テクノロジー社により新しいアプローチの歯科矯正の提供を開始。現在、世界100カ国以上の国々で提供されていてこれまでに700万人を超える患者様が治療を受けられています。(2019年6月現在)

マウスピース?どう矯正するの?

マウスピース?どう矯正するの?

食事と歯磨きの時間以外、歯に装着。 2週間ごとに新しいマウスピースに交換するし、歯磨きもフロスもできるのでとっても衛生的。 3Dシュミレーションで仕上がりのイメージができて、治療の期間も把握しやすくなりました。

ワイヤー矯正、見えない歯列矯正の見た目の違い

ワイヤー矯正、見えない歯列矯正の見た目の違い

インビザラインはこんな人にオススメです

インビザラインの特徴は、装置が透明なマウスピースであるという事です。

装着して日常生活を営んでも他人に気づかれることはほとんどありません。

自分で取り外すことが出来るので、従来のワイヤーを使用した矯正治療よりも非常に快適で気軽に行う事ができます。

透明で、口元は美しいまま

インビザラインは薄い透明のプラスティクで出来ています。装着しても注意して覗きこまないとマウスピースだとわかりません。

したがって治療期間中であっても口元を気にせず笑顔を見せることができますし、誰も矯正治療を気づきません。

約1週間前後ごとにマウスピースを順次装着することにより、理想的な歯並びへと近づきます。

自分で簡単に取り外せてとても快適です

自分で取り外しが可能なため、歯ブラシがとてもやりやすくいつも清潔にすることが出来ます。

食生活もこれまで通り行えます。

矯正治療を従来のワイヤーで行う場合、お口の中が虫歯になりやすい状況になってしまいがちですが、取り外しが可能なマウスピースですのでお口の中のケアも簡単で安心です。

独自のコンピュータシミュレーション

インビザラインは、独自の3D治療シュミレーションで作ったプログラムで、段階的に歯が綺麗に並ぶ状態までをシュミレーションしながらマウスピース作る技術です。

0.25㎜づつ変化させたアライナーを約1週間前後ごとに歯列に装着し、歯を0.25㎜づつ動かしていきます。

3Dデジタル化された歯列から光造形(CAD/CAM)技術を利用して順次変化させたアライナー(マウスピース)を作製する技術は世界でもアライン社(米国)しか行っておりません。